マイホームにベストなリフォームを

大切なリフォームだから失敗はしたくない、リスクの違い

技術力不足はないか

大手リフォーム業者と街の工務店だと、気になるのがどちらがより安心して作業を任せることができるでしょうか。

大手では、その規模感からも人材が豊富で、研修などもしっかりしていますよね。
そのため、大手で依頼してあまりに技術が不足している担当者が来てしまうことは少ないでしょう。
人材が豊富であるため、あなたのリフォーム内容に適した作業員が実施してくれることが期待できます。

それに対し、街の工務店は人数が限定的です。
しかし、仮に自分が苦手だったり知識や経験が浅い分野の依頼が来てしまっても、大手との競争も激しいために無理してでも仕事を取ろうとすることが予想できます。
その場合、技術が浅いために十分な作業をしてもらうことができずに、後々のトラブルに発展する可能性もあります。

アフターフォローをしてもらえるか

リフォーム業者とは、1回だけではなく長年のお付き合いになることが多いですよね。
リフォームを依頼するとき、この業者と長くお付き合いできるのかという視点も持つようにしましょう。

そして、長くお付き合いするには、それだけ業者にも長く事業を続けてもらわなければなりません。
つまり、業者の倒産リスクも考える必要があります。
大手だから絶対に倒産しないと言えるわけではありませんが、倒産リスクという面で考えるとやはり街の工務店の方が大手に比べて倒産するリスクが高くなります。
ただ、大手は会社自体は存続したとしても、担当者が転勤や退社でいなくなってしまうこともありますよね。
大手と街の工務店では長く付き合えるかどうかの問題点が違ってきますので、そこも念頭に置いて検討しましょう。