マイホームにベストなリフォームを

どんなことに気をつけるべきか、その注意点とは

どちらが値段が安いのか

大手業者と街の工務店だと、一般的には大手の方が値段設定は高くなっています。
大手は名前を聞けば多くの人が知っているような企業が多いですが、なぜみんなに名前が知れ渡っているのでしょうか。

それは広告宣伝にも力を入れているからですね。
家を購入したことない人でも名前を知っている企業ばかりだったりしますよね。
これだけ企業の存在を認知させるためにも、かなりの広告宣伝費がかかっています。
大手が使っている広告宣伝費、このお金はどこから来ているのかというと、もちろんお客さんが支払った料金から捻出されています。
つまり、作業料や材料費などの中には、広告宣伝費も含まれているんですね。
さらに、大手はそれだけたくさんの人を雇用していますから、人件費だってたくさん必要になります。
そういったものも全て、料金の中に含まれているんですね。
こういった経費が街の工務店はありませんので、自然と値段設定は街の工務店の方が安くなります。

しっかり見積もりを取って比べよう

大手と街の工務店、傾向としては街の工務店の方が価格が安くなります。
しかし、実際にどの程度安くなるのかというのは見積もりを出してもらわないと正確にはわかりませんよね。
見積もりだけ依頼するのも億劫に感じる方もいるかもしれませんが、まずは遠慮せずにどんどん見積もりをお願いしましょう。

別ページでも説明していますが、業者によって強みも違うことがありますし、たまたま材料が余っていて安くお願いできるケースもあるかもしれません。
業者の立場で考えても、見積もりを依頼してもらえるということは勝負の土俵に上げてもらえたということなので、業者としてもありがたいことなのです。
値切り交渉ができる方は、見積もりをたくさん取った上で、それを値切り交渉の材料に使うこともできますよね。
また、これはリフォームだけに限りませんが、見積もりの中で不明な名目の費用が入っていたら、必ずどのような内容の費用なのか確認しましょう。