マイホームにベストなリフォームを

どんなことに気をつけるべきか、その注意点とは

リフォームでまず気になるのが値段ですよね。 リフォームは毎年など頻繁に行うものではないため、イベントごとに近いかもしれません。 リフォームの際に設備を追加したり、気分転換に外壁の色を変えたりなど、いろんなことを検討したくなります。 決して安い買い物ではないからこそ、値段も納得できる金額で依頼しましょう。

大手業者と街の工務店の強みを知ろう

一口にリフォーム業者と言っても、その規模は様々ですよね。 ここでは、大手と街の工務店の2つを比較していますが、値段ではなく実際の仕事としてはどのような違いがあるのでしょうか。 大手には大手、街の工務店には街の工務店の良さがそれぞれありますので、比較して自分に会う業者を選びましょう。

大切なリフォームだから失敗はしたくない、リスクの違い

家にとっての一大イベントであるリフォーム、大切なマイホームだからこそ失敗はしたくないですよね。 高い買い物でもありますので、なおさら満足いくリフォームにしたいと思うものです。 そこで、大手と街の工務店ではどのようにリスクが違ってくるのか理解しておきましょう。

大手リフォーム業者と街の工務店、値段の違いは?

リフォームする際に気になる主なポイントは3つです。
それは、料金・業者の強み・リスクです。

まず1つ目の値段ですが、同じリフォームなら値段が安く抑えられるに越したことはありませんよね。
相場はどの程度なのか?大手と街の工務店でどの程度の違いがあるのかは把握しておくと良いでしょう。
それぞれを比べるためにも、見積もりは必ずもらうようにし、それも複数から見積もりしてもらうことが大切です。
それによって、実は自分が依頼したリフォーム業者が割高だったと後悔するリスクを避けることができます。

次に強みです。
大手のリフォーム業者はどんなことでも対応してくれて、ある意味全て平均点以上の仕事が期待できます。
それに対し、街の工務店は小規模であることもあり、とても強い分野を持っていることがあります。
例えば、水回りの強い業者、外壁塗装を得意としている業者さんなど、個性とも言えるような強みがあったりするわけです。
街の工務店の強みと自分が重視していたり気にしていることがマッチしていれば、満足行くリフォームになるかもしれません。

最後にリスクについてです。
大手リフォーム業者は規模が大きいため、トラブルや手抜き工事などのリスクが小さくなります。
大手だからこその安心感ですね。
一方、街の工務店は規模や従業員も限られていることが多く、手抜き工事や納期遅れなどトラブルになる可能性が大手よりも高くなってしまいます。
多少高くても絶対に失敗したくない、トラブルに巻き込まれたくないと思う方は大手業者がいいでしょう。
値段を安く抑え、人付き合いや個性を大切にしたいという方は街の工務店が良いかもしれませんね。